was successfully added to your cart.

Pure2 Mastering AD/DA Converter & Clockは Brauer のラックに新ホームを見つけ、説得力がある‘音響テースト試験’が続く

New York City, 2015念9月10日  — 複数GRAMMY賞受賞ミックス・エンジニアの Michael Brauer に自分のスタディオで最も必要な部品は何かと聞くと彼は高価なプリアンプ、コンプレッサー、アナログ・コンソールやその他の機材の名前とモデル番号を言い出すと思われる。 しかし、彼は躊躇なく自分の耳を指すでしょう。 1976年に MediaSound Studiosで働き始めてから彼が初めて教わったのは知覚は現実である事 — それでその‘自分の耳を信頼しろ’は機材の仕様、ブランド評判や市場誇張よりさらに重要である事。

決まり文句に聞こえるかもしれないがこの ‘自分の耳を信頼しろ’は Brauer が行う全ての中心である —自分のスタディオのために新しい部品を選択する時、モニタリング・システムを更新する時またはColdplayにGRAMMY賞受賞のアルバムをミキシングしている時にも。Brauer が本当のニューヨーカーになりつつあっても、彼はラック設定に新たな部品を加える時ミズーリ人としての ‘私に見せろ’と言った皮肉を言う事で知られている。

今年Antelope AudioがPure2を導入した時、 Brauer は最初に購入した人たちの一人であり、‘目蔵オーディオ・テースト試験’を行った。 Antelopeの有名なTrinity / 10M組合せの愛好家になった時にも Brauer は健全な 疑い を Antelope が彼にPure2を試す事を進めたときに見せた。 長年のAntelopeの愛好家であったにもかかわらず、生産者には義務的な交換又はアドバンテージが与えられなかった。

ソニックピクチャーのもう一つの舞上がり 
“Pure2コンバーターについて聞いたとき、私は見なければならない事を確信した。” と彼は思い出す。 “私は所持していたものが好きだったが両者を対立させるとPure2はよりオープンで深い音を持ちとても良かった。 違いは明確であった — 音響ピクチャーがより大きくなった事が感じられた。 私はこうなった、 ‘OK負けたよ。’ 今ではPure2を全ての変換に使用している。”

Brauer は過去のAntelopeの他の音響 ‘急激な変化’を認め、装置をそれに応じてアップグレードした。 “私にも同じことが10MをAntelope Isochrone OCXに追加した時に起き、とても良かった。 その10Mを追加した時、私のミックスの深さ、重量感が飛躍的に改善された。” と彼は言う。 “この場合、違いはもっと急であったが、両コンバーターの A/B操作で最も明確であった。

このPure2の特定テストでは傾向無しに公平に設定された。 “これは目蔵テースト試験であり、どれがどれだか分からなかった。” と彼は言う。 “我々は一つのイメージから次へと回し、私は‘これが好きだ’と言った — それがPure2であった。 これはTrinityと10Mコンボへの良い追加であり、マスター・クロッキングに使い続けている。”

Pure2: ミュージカルで透明性がある変換
音の解説を行う時、 Brauer は‘とてもミュージカルで透明’と伝え、彼にとって目的の音響に到達するために役立つ道具だと言う — 作業しているジャンルに関わらず。 “私を気持ち良くさせ、より大きな音響イメージが必要である? 私が求めている感じを強化する? 答えははい。 スピーカーの背後まで到達する自然で‘未処理’な音響を提供する — 全ての方向に。”

機能性に関してPure2は Brauer が便利だと思う様々な特徴を持ち、それには電源ボタンを押し続けるだけで行えるアトミッククロックとのキャリブレーションのチェック能力が含まれる: “自動キャリブレーションが行える事はとても良く毎日使うものである。 我々は継ぎ目がないPure2ソフト・パネルとの統合性が好きである。

去年2つのGRAMMY賞を獲得したBrauerはElle King (“Ex’s &Oh’s”) とJames Bay (“Hold Back the River”)の最近のリリースをミックスし、両者は既に販売されている。

For more information on the Pure2, please visit the product page.

Leave a Reply

© 2016 Antelope Audio. All Rights Reserved