was successfully added to your cart.

 彼の新アルバムCinema Reaches Number 1でテノールのスーパースターはAntelope Audioアトミッククロックのソニックディテール、深さと明るさに注目を引く

 

Forte dei Marmi、イタリア、2016念2月9日 — Andrea Bocelli の音声はそれ自体が美のエッセンスである。 超越する地理的、文化的と世代的境界を持つ Bocelli はクラシック音楽で多大なセールを成し遂げたアーチストの一人でトップ10のアルバムを10枚達成した唯一のアーチストである。 もしかしてもっと重要なのはその心からのパフォーマンスは世界の観客を感動させて魅了しているかもしれない。 Bocelli と彼の長年のエンジニアである Pierpaolo Guerrini はできるだけライブのパフォーマンスに近い録音をスタディオ内でできるAntelope Audioのスタディオ・クロック技術に頼っている。

だけれども、彼は今まで生きた最も重要なオペラ・テノールの一人である。また Bocelli は並外れた音響感度のセンスの持ち主であり鹿苑寺に全てのディテールを再現できる。 Pucciniの有名な未完成オペラである Turandot を去年Valenciaで名指揮者の Zubin Mehtaと録音している時 Guerrini は録音プロセシングに2つの新しいギアを導入した: アトミック・レフェレンス・ジェネレーターAntelope Audio 10Mとマスター・クロックTrinityの組合せ。 結果は Bocelliに即座に分かり、彼のエンジニアによると: “Andreaがそれを聞いた時すぐに私にこう言った、 ‘Pierpaolo、これからはいつもアトミッククロックを使うべきだ。”

一人前のデジタル
今まで全部で11の完全なオペラ・レコーディングをリリースしたBocelliは高度な技術水準を持つレコーディング環境で作業をすることを強いられている。 Pucciniの Manon Lescautの録音中にエンジニアの Guerrini が彼にAntelope 10M/Trinityの組合せの音響利点を伝えたときに彼の興味を引いた: “Andreaは本当にこのユニークなデバイスに対して興味を持った” と彼は言う。 “また彼はちょっと 疑ったが私は誰でもこの変革的技術を 疑う と思う”

Antelopeのアトミッククロック技術のような革新によって Bocelli はデジタル録音技術がやっと一人前になったと確信している。“今はデジタル期間 — 世界は変化し、誰も前には戻れない” と彼は言う。 “私は音響の認められる改良を表すAntelope技術に対してとても嬉しく思う。 Mehta名指揮者との Turandot の録音中、多くのオープン・マイクとトラックがあった — それでもAntelopeクロックとは全てがクリーンで輝かしく聞こえた。” 作製チームは 全レコーディング、ミキシングとマスタリング過程で10M/Trinityコンボを統合した。 “我々はh Placido Domingoのオーケストラの指導の下でValenciaでとても重要なレコーディングを行った。” と Guerriniは言う。 “我々は最良の機材を全過程で使用し、Antelopeアトミック・クロックを追加した。 我々は最初のミックスからその違いを発見した。 ソニックディテール — 特に Turandot で複雑なアレンジがあった大コーラスの部分で — 今までなかったディテール、深さと透明さを見る事ができた。” “最初のミックスが完了した時点でAndreaと私は作業の結果を聞きに直接Mehta指揮者の家へ行った。” と彼は続けた。 “Zubin はとてもこれに大満足し、これは確実に今まで行った最も良い Turandot オペラの一つであると告げた。 これは我々が満足するとても重要な瞬間であった。

Antelopeは大スクリーンへ導く

その少し後、 Bocelli が新アルバムCinemaをDavid Foster、Humberto Gatica と Toni Renis と共にマイアミで始めるために Guerrini はイタリアから呼び戻された。 “Andreaが自分のパフォーマンスから如何なるものを失いたくなかった。” と彼は言う。 “彼は私に言った ‘我々は原子クロックが必要だ’。 我々はValenciaで使用した信号チェーンをマイアミで再現し、全てはうまく行き、作業を完成させた。” 今年の10月のリリース以来、Cinemaは米国トップの1番に浮上した。 クラシック・アルバム・チャート

自分のタレントと情熱を新たなレベルに上げながら自分の芸術的可能性を拡張し続けているBocelliは使っている技術以下のものを期待しない。 “Andreaは自然に好奇心がとても高く、特に人との触れ合いに対してそれが言える。 私はAndreaと確実に天才であるIgor [Levin、Antelope Audioの社長で創設者]との間に深い関係があると思う。” と Guerriniが言う。 技術と音楽の両面で様々な課題に関して話している時、彼らは互いに尊敬しあう。”多くのアーチストが夢にしか見れない成功をおさめた Bocelli はルーツを忘れた事がない “誰でも住んだ場所に影響されることは本当である。 私は田舎の小さな村に生まれ育ち、長年私の馬に乗りながら歌った。”もしかして彼の歌は観客を故郷に近づかせ、また Antelope Audioは指揮者自身を完璧な音響に一歩近づかせる。 “音は良く、シンプルで美しい。 私は好きだ。” と彼は言う。

For more information, please visit Andrea Bocelli’s web site

For more information, please visit Antelope Audio’s clocking technology website section

Photo captions: 
1) Andrea Bocelli (photo credits Luca Rossetti)
2) Offstage with Andrea Bocelli (video, not available on mobile devices)
3) Andrea Bocelli’s Producer Pierpaolo Guerrini – In The Studio (video)
4) Antelope Audio’s CEO Igor Levin, Andrea Bocelli and his longtime engineer Pierpaolo Guerrini 

Leave a Reply

© 2016 Antelope Audio. All Rights Reserved