was successfully added to your cart.

User stories
October 19, 2016

受賞されたDJとミュージシャンであるZeddがAntelope Audioのおかげで大ヒットを作り続ける

Antelope AudioのOrion Studioインターフェースは洞察力があるクリエーターの新ホーム・スタディオの最新の選択肢である。 ロスアンジェルス、カリフォルニア、2016年9月19日 — プロジューサー、 DJとマルチ・インスツルメンツの Zedd は2009年にしか電子音楽の生産を開始していないが、早くも近代電子ポップの決定的音楽である2012年の“Clarity”と2015年の“I Want…
Read More
User stories
February 9, 2016

ANTELOPE AUDIOはANDREA BOCELLIの音楽才能を家庭に持ち込める

 彼の新アルバムCinema Reaches Number 1でテノールのスーパースターはAntelope Audioアトミッククロックのソニックディテール、深さと明るさに注目を引く   Forte dei Marmi、イタリア、2016念2月9日 — Andrea…
Read More
User stories
September 10, 2015

Antelope Audio Pure2はトップミックシングエンジニアMichael Brauerにより深くて広い音色を提供する。

Pure2 Mastering AD/DA Converter & Clockは Brauer のラックに新ホームを見つけ、説得力がある‘音響テースト試験’が続く New York…
Read More
ArtistsEclipse384
May 20, 2016

Jonathan Davis – Korn

今までに利用したインターフェイスの中でEclipse 384は最高のインターフェイスだ。   昔ラックに入ってある数多くの機材をもっていたが、これは今持っているだけだ。Antelope Eclipse384、API Channel StripやShureマイクで成り立ってあるシグナルチェーン経由で、Appleマックブックにはバス、ギターやボーカルを録音する。ただ一つのボックスに入ってあるスタジオだよ。今までに使ってみた最高なインターフェイスだ。必要なものが付いてあるのは素晴らしい。 “Antelope Eclipse 384の様なハイグレード制作機材を使用すると私はリリース・マスターをツアー・バスやホテルでプロデュースできる。 デモだけでなく私が作業に必要とする全てを提供してくれるEclipseは重要である。…
Read More
ArtistsOrion 32
May 19, 2016

Celldweller

Orion32の音質は信じられない! 私は古いコンバーターを即座にeBayに捨て振り向きもしなかった。   私の前のオーディオ・インターフェースは私の必要性を満たさない固定ハードとソフトシステムであった。 高価なアップグレードと貧弱なサポートに疲れており、ハードとソフト面で幅を広げようと思っていた。 私はD-SUB入出力があるためOrion 32に偶然に出合った。これは私のモデュール・シンテタイザー設定に用いるヂュアルADAT入出力と世界的有名な Antelopeクロックを持っている — 更にものも言えないほどのUSBで32チャンネルをストリームできる。…
Read More
ArtistsTrinity
May 20, 2016

Hirofumi Machida

「ぼくの楽しい箱庭が広~くなって、さらに HD 化しちゃった!」   なんていうか... 「ぼくの楽しい箱庭が広~くなって、さらに HD 化しちゃった!」 もともと自分が使っていた内部ク ロック(RME…
Read More
ArtistsOrion Studio
January 13, 2017

瀬川 英史

1)他社に比べたら、Antelope Audioの特徴はどこにありますか? 2013年、僕のシステムのPCが4台から6台へ徐々に大きくなっていった時期だったので、安定し尚且つ効率的にワードクロックを分配する機材を導入する必要が出てきました。それで2013年から自分のシステムにTRINITYを採用しました。それ以前からレコーディングで訪れるアメリカのスタジオはどこへ行ってもTRINITYが装備されていましたし、アメリカのワードクロックの分配方法はStar Distributionと呼ぶ接続方法で日本のスタジオとは違っていましたね。Star Distributionを自分のシステムに導入するためにもTRINITYが必要だったのです。それと10Mも併用すると明らかにサウンドのディテールが良い方向へ変わるということも体験したので、TRINITYと同時に採用しました。 僕はプロジェクトの内容によってDAWをProTools、Cubase、Logic Xを使い分けますが、CubaseとLogic XはCore Audio Driver経由でAvid社のI/Oで鳴らしていましたが、Core…
Read More
User stories
October 13, 2016

Marius Costache, our first Romanian endorser, found everything he wished for in the Orion 32+

I was looking for a really good sounding converter with…
Read More

© 2016 Antelope Audio. All Rights Reserved