伝説的なEQやコンプなどのエミュレーションとAURA VERB

アナログの名器をデジタルの環境で完全に再現させるというAntelopeの技術はギターアンプやキャビネットだけではなく、スタジオのアウトボードギアにも及びます。独自のモデリング技術で伝説的な名器と呼ばれるEQ、コンプレッサーを実機に忠実に再現しています。この他にAura VerbというAntelope のリバーブも搭載しています。

… it reacts right away, it shows exactly what you’re doing at the moment, there’s zero latency. And it’s a beautiful thing.”

Michael “Fish” Herring. An accomplished musician, Fish toured the world with artists from the unknown to the legendary.
He has also appeared on records for artists such as Mariah Carey, Tupac, Nas, LeAnn Rimes, Siedah Garrett, Celine Dion and other superstars, as his discography continues to grow.

概要

必要なのはたったの1ユニット

Orion StudioはThunderbolt™ と USB接続性、12 マイク・プレアンプと弊社の有名なクロッキング にたったの1ユニットのスペースで対応する。

2015年に公開されてからOrion StudioはAntelope Audio製品のThunderboltTM & USB オーディオ・インターフェースのラインナップの中で最も有名な製品になった。今度は更に改善した。12 Class-A マイク・プレアンプを持ち、それがフルバンド録音とそれをプロ並みにするのに必要な唯一の装置にしている。2017年式 Orion Studioには真新しいADコンバーターが設置され、業界最高の124 dBのダイナミック・レンジに押し上げ、上級のロー・レーテンシのパフォーマンスの特徴を持たせる。今度は豪華なグレー・カーボン・プレート面を持つOrion Studioはその強力なコントロールパネルとFPGAエンジンの中に新しい特徴を齎している。

Zen TourとGoliathの様にOrion StudioはリアルタイムFPGAを搭載したビンテージFXのフル・アレイを持っている。また、最高売上のインターフェースはAntelopeの伝統的な驚くAD/DA変換(自社搭載)、世界的有名な64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)ジッターマネジメント・テクノロジーを含む。

特徴

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_microphone.svg

12基のCLASS-A マイクプリ

単独ファンタム電源搭載したHi-Z/Mic/Lineコンボ入力

VINTAGE GUITAR FX

FPGA処理によりハードウェアベースのギターアンプモデリング

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_bolt.svg

THUNDERBOLT™ & USB

Thunderbolt™接続で32ch、 USB接続で24chのゼロレイテンシーなオーディオストリーミング

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_target.svg

64-BIT ACOUSTICALLY FOCUSED CLOCKING

世界が認めるジッタマネジメントアルゴリズムによりAD/DAを強化

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_shuffle_button.svg

STUNNING AD/DA

Antelopeが誇る圧倒的な24-bit/192 kHzのオーディオ変換

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_mixer.svg

ADVANCED CONTROL

デスクトップソフトやモバイルアプリからOrion Studioをコントロール

Check Orion Studio’s features

解説

ORION STUDIOの秘密兵器

複数の内部ミキサー処理やルーティング、オーディオ処理を同時にゼロレイテンシーで処理するカスタマイズされたFPGA

Orion Studioの秘めたる力、それは極めてパワフルなField-Programmable Gate Array (FPGA)です。FPGAとは、強力な並列処理能力をもち、それはこれまで多く採用されてきたDSPチップの能力を遥かに凌ぎます。このFPGAの高い能力により内部ミキサーをゼロレイテンシーで4基使用することができ、この出力をルーティングを使って2つのヘッドフォンへと簡単にアサインすることができます。

…it looks great, sounds fantastic, feels reliable and solid — everything a high end piece of studio gear should be”

Matt Vanacoro, one of New York’s premier musicians, he has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter and many more.

必要な全てのFX

Orion StudioのリアルタイムFPGAビンテージFXと共にクラシック・スタジオギアの本物のサウンドを楽しめろ。

Orion Studioは未だ拡張しつつあるAntelope Vintage FXモデル群を搭載してあrる。 5 つの新コンプレッサー・モデルによって今は貴方の40 EQインスタンスを失う事無く同時に32コンプレッサーまでを開くことが可能である。これがDSP処理の最高の利点である。全てのAntelope Audio FXはリアルタイム・トラッキング、モニタリングに使用でき、DAW内のミックスの作業に簡単にルートできる。

Antelope AudioのカスタムFPGAはOrion Studioを弊社のビンテージと近代的を統合したギターアンプ& キャブ・シミュレーションのための完璧なプラットフォームであるためプロ・ギターリスト用のオーディオ・インターフェースのナンバーワンにしている。Overloudとの共同開発で 新レベルの精度とオーディオ・リアリズムを提供し、アーティストが複数スピーカー設定、マイク配置とEQ設定を経験する事を可能にする。弊社の革新的なRealModel 技術は我々にクラシック・アナログギアの本当の音と反応を生き生きと再構築する事を可能にする。ギターを弾く事と録音する事は今までこれ程リアルでなかった!

高度なリモート・アプリ

想像できる限りの柔軟なデバイス・コントロール

Orion Studioはわくわくするコントロールの新アプローチを持ち、本来のFull Session Savingの機能性が含まれる。今では貴方は素早くどんなルーティング、モニタリングとFX設定の保存、ロードと共有を可能にした。Antelope Audio装置によってこれらはスタジオ同士の交換が簡単になり、どのエンジニア、録音係又は音楽家のスタディオ・ワークフローを飛躍的に強化 する。最近追加されたAlternative Matrix View はクラシックAntelopeドラッグアンドドロップ・ルーティングに詳細な選択肢を提供する。
貴方はパネル内の弊社の新S/Nセレクターによって接続できる限りのOrion機器を操作と使用でき、同じコンピューターで複数パネルを開く事もできる。Orion Studioは様々なアクセスポイントからのダイナミック・デバイス管理を提供し、同じネットワーク内の複数のコンピューターも含まれる。
直観的なiOS / Androidモバイル・アプリはスマートフォン又はタブレットからの完全なマイク・プレアンプ操作によって貴方により大きな自由さを与える。

google-play

多種多様な接続に対応

カスタマイズされたThunderbolt™ とUSB接続であらゆるDAWに

Orion StudioのFPGAの力でカスタマイズされたThunderbolt ™とUSBの接続では低レイテンシーを実現させています。FPGAの圧倒的な並列処理能力が高速でオーディオ処理とエフェクト処理を同時に処理していきます。またこのサイズとしては非常に多くのデジタルとアナログの入出力を装備しており、これらのシグナルはコントロールパネルのルーティング画面から自由にアサインすることができ、他の機材との接続も簡単に組むことが出来ます。
Orion Studioにはモニターアウトx 2(切替式)、アナログアウトx 16、リアンプアウト x 2、ADAT x 2、S/PDIFが装備されています。

ビデオ・チュートリアル

接続性

Power button

Toggles standby/operation state

4 Instrument/Mic Preamp/Line Inputs

4 Class A mic preamps, with phantom power over Combo input with switchable line/HiZ input.

TalkBack Button

Press the Talkback button to activate the talkback microphone

Rotary control

Large stepped attenuator for the volume of Monitor, Headphone, Line and Reamp outputs. Clicking-in the large volume control allows you to scroll between the different options.

Gain, HP & A/B

By clicking on one of these 3 buttons you can control Orion Studio’s Gain, HP (the two Headphone outputs) and A/B (the 2 monitor outputs)

Display

Multi-function display that shows various information.

Functional buttons

Cycle thru various information, access the System Menu or the Control Menu

Headphone outputs

Two independently assignable headphone outputs, selectable and controllable via the main volume control knob.
The lights next to the outputs are illuminated to indicate which headphone output is currently controlled.

Re-amp outputs

These outputs are direct and should be used with guitar amplifiers for re-amping.

USB High-Speed

Orion Studio uses USB connector Type B and operates up to 192kHz sample rate with Antelope ASIO on Windows & Mac OS X

DC Power Connection

Only use Antelope’s DC power supply!

ThunderboltTM port

Enables you to connect your Orion Studio to a Thunderbolt™ port on a Mac computer using a Thunderbolt™ cable (not included)

ADAT Connectors

2 Inputs & 2 Outputs (up to 8 channels per line)

D-SUB 25pin TASCAM Analog Outputs

A connector enables you to attach breakout cables, each with 8 lines

Two Stereo Monitor Outputs (Monitor A and Monitor B)

Assignable unbalanced stereo output (left channel at the top and right channel below)

S/PDIF Input/Output

75 Ω S/PDIF inputs for use with compatible equipment

Word Clock I/O

BNC connectors used to accept Word Clock reference

8 Line and Mic Preamp Inputs

8 Class A mic preamps, with phantom power over combo XLR

AD Inserts

Two ¼” TRS insert points (L & R) for connecting analog gear such as dynamics processors or EQ’s, just before the A/D conversion

仕様

  • ANALOG

    Analog Inputs
    4 x Mic / Line Instrument on XLR combos on the front
    8 x Mic / Line on XLR combos on the rear

    Analog Inserts
    2 x Inserts on TRS (inputs 1,2)

    Analog Outputs
    16 x Lines on 2 x DB25 (16 channels Line Out)
    2 x Stereo Monitor out on TRS (4 channels, only 1 active pair at a time)
    2 x Stereo Headphone outs on TRS (4 channels)
    2 x ReAmp outs on TRS (2 channels)

    D/A Monitor Converter
    Dynamic Range: 129 dB
    THD + N: -108 dB

    A/D Converter
    Dynamic Range: 124 dB
    THD + N: -112 dB

    D/A Converter
    Dynamic Range: 120 dB
    THD + N: -107dB

    Mic Preamp
    Gain: 0,10 – 65 dB
    THD + N: -108 dB

  • DIGITAL

    Digital Inputs
    2 x ADAT (up to 16 depending on the sample rate)
    1 x S/PDIF

    Digital Outputs
    2 x ADAT
    1 x S/PDIF

    USB I/O
    USB 2.0 Hi-Speed;
    Data stream up to 480 Mbits/192kHz, 24 channels I/O, Type B

    Thunderbolt™ I/O
    1 x Thunderbolt, 32 channels I/O

  • CLOCKING

    Word Clock Input
    1 x Input @ 75 Ohms 3Vpp on BNC 32 – 192kHz

    Word Clock Outputs
    1 x Outputs @ 75 Ohms 3Vpp on BNC 32 – 192kHz

    Clocking System
    4th Generation Acoustically Focused Clocking
    64-bit DDS
    Oven Controlled Crystal Oscillator

    Clocking Stability
    <+/-0.02 ppm, oven controlled at 64.5ºC/ 148.1ºF

    Clock Aging
    < 1 ppm per year

    Clock Calibration
    <+/-0.001 ppm

    Sample Rates
    32, 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 (kHz)

  • OTHER

    Operating Temperature
    0-50°C, 32-122°F

    Weight
    3.1 kg/ 6.83 lbs ( approx )

    Dimensions (Approx)
    Width: 483 mm / 19”
    Height: 44 mm / 1.7”
    Depth: 220 mm /8.6”

    Electrical specs
    DC Universal input: 18V
    Power Consumption: 25 Watts Max

    In the box
    Orion Studio – Thunderbolt™ and USB AD/DA Interface with 12 mic pres
    Owner’s Manual
    Warranty Card
    1 DC Power supply
    1 USB cable

当社のオーディオ・インターフェイスの比較表をダウンロード

ダウンロード

System requirements

WINDOWS

OS: Windows 7/8/8.1/10
Disk Space: Minimum 512 MB available disk space
USB: 1x USB 2.0 Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
CPU: Intel or AMD equivalent CPU with at least 2GHz operating frequency
Memory (RAM): 4GB Minimum (8GB or more Recommended)

MAC

OS X: 10.9/10.10/10.11/10.12 (Sierra Recommended)
Disk Space: Minimum 512 MB available disk space
USB: 1x USB 2.0/3.0 Port
Thunderbolt: 1x Thunderbolt/USB-C Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
Memory(RAM): 4GB Minimum (8GB or more recommended)
CPU: Intel Core 2 Duo (Minimum) Intel Core i3 ™ or higher (Recommended)

Additional Info: Internet connection required for product activation.

特徴のレビュー

ダウンロード

SOFTWARE

Launchers

Windows
Download Orion Studio Launcher for Windows7 and newer (Jan 20, 2017)

MAC
Download Orion Studio Launcher for Mac OS X 10.9 and newer (jan 20, 2017)

Remote Control Apps

Android
Android app remote for the Orion Studio

Apple
Apple app remote for the Orion Studio

Orion Studio HD

Orion Studio HD

HDX and USB3.0 Pro Audio Interface

Goliath HD

Goliath HD

Thunderbolt2™ , USB 3.0 & MADI Audio Interface

Orion Studio

Orion Studio

Thunderbolt ™ and USB Studio Interface

Zen Studio+

Zen Studio+

携帯用Thunderbolt™ と12マイク・プレアンプの USB インターフェース