概要

If what you want is pure analog monitor control with impeccable sound quality…
the Satori is hard to beat…”

アナログモニターを 1U で

マスタリンググレードのトランスペアレンシーとアナログディティールで Satori は TEC Award を受賞しました。

Satori は、特に D/A が透明で自然なサウンドの Antelope ファミリーのコンバーターで処理されている音源のルーティングと切り替えを行う際に、音の正確さを維持するモニターソリューションを提供します。 Antelope Audio は、アナログ回路の設計、PCB レイアウトの最適化、電源技術の設計など、プロジェクトスタジオ価格でマスタリンググレードの性能を実現しています。

 Satori の特徴

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_mixer.svg

アナログサミング

業務用ミキシングコンソールに匹敵する8チャンネルアナログミキサー

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/arrows_expand_diagonal1.svg

個別のモニタリング

エンジニアとミュージシャンに別々にパーソナライズミックスを作成

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_repeat_button.svg

革新的なアッテネーターを設計

リレー式アッテネーターの優れた音響特性を維持する画期的技術の開発

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_share.svg

アナログ回路

最適化された PCB レイアウトと電源供給技術により、マスタリンググレード品質を実現

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_shuffle_button.svg

幅広い接続性

ステレオ入力×8、ステレオ出力×4、XLR、1/4 “TRS、D-Subとサブウーファー出力

http://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_joypad.svg

リモートコントロール

ユーザーフレンドリーなデスクトップソフトウェアと iOS/Android モバイルアプリ

Satoriの特徴

解説

優れたモニタリング機能を提供するだけでなく、Satori には完全なアナログ 8 チャンネルサミッティングミキサーが搭載されています。アナログサミングにより、アナログドメイン内の信号を完全にミックス処理するエンジニアは、楽器をより自然にミックスすることができます。Satori 内のサミングミキサーは、パンチ、ヘッドルーム、優れたダイナミクスを維持しながら、伝説的なアナログコンソールからしか得られないアナログサウンドを提供します。

…tons and tons of features in this box and it sounds absolutely wonderful!”

Mitch Gallagher is one of the leading music/pro audio/audio recording authorities in the world. He teaches audio recording and music business at Purdue University/Indiana University, and has appeared at festivals, conventions and conferences around the world.

ビデオを見る

ANALOG ACCURACY

最高精度の革新的なアッテネータアーキテクチャ

リレーアッテネータは、機械的なスイッチで、最高の音質を提供しますが、ボリュームを調整するとポップノイズやジッパーアーチファクトが発生します。Satori は、すべての長所と優れた音響性能を維持しながら、これらのアーティファクトを劇的に削減する、特許出願中の革新的な技術を採用しています。

リレーを使用する最大の利点は、低リスニングレベルでも 0.05dB のステレオ精度と安定した L/R バランスを実現することができるからです。Satori はソースと出力トリムオフセット制御 .5db 刻みを誇っています。この初期の受動的なアッテネータ信号経路は、オーディオ信号の完全性を保ちながら、微妙なニュアンスをも明らかにします。

ヘッドフォンアンプとトークバック

Satori は1つでも2でもなく、4つの独立したヘッドフォンアンプを備えています。

Satori は、1つか2つのヘッドフォン出力を搭載するほとんどのモニターコントローラーを凌駕します。独立した音量コントロールを備えた独自の入力フィードを出力する4つの独立したヘッドフォンアンプを備えています。Satori のヘッドフォンドライバは、オーディオファイルレベルで、Antelope の高級オーディオコンバーターのプレミアムラインで使用されているものと同じで、低インピーダンスヘッドフォンと高インピーダンスヘッドフォンの両方を使用することができます。

独自のソフトウェアトークバックソリューションにより、パフォーマーとの即座のコミュニケーションが可能になります。Satori はいくつかの種類のトークバックマイクソースをフロントパネルの内蔵マイクで提供することで大きな柔軟性を提供します。リアパネルの 1/4 “TRS コネクター、エンジニアのラップトップに内蔵されているマイク、Satori アプリケーションを使用しているときには携帯電話のマイクも接続できます。

もっと自由に

R4S でもっと Satori を使いこなそう

Satori には R4S というバスパワー対応のリモコンが付属します。リモコンは Satori 専用に設計されており、前面パネルの機能をすべて搭載しています。これはエンジニアに操作性を提供し、Satori を視聴位置から直接制御します。R4S を使用すると、すべてのソースとモニター、およびトークバックを高速に制御できます。

あなたのスマートフォン/タブレットをモニターシステムのリモコンへ

Satori には、 iOS と Android のスマートフォンとタブレット向けの無料モバイルアプリケーションも付属しています。この直感的なアプリは、スマートフォンやタブレットをモニターシステムのプロフェッショナルリモコンに仕立てます。このアプリは、Satori の全機能を制御できるため、プロデューサーは簡単かつ迅速にモニター制御を行うことができます。

google-play

ADVANCED SOFTWARE CONTROL

R4S でもっと Satori を使いこなそう

Antelope の次世代のソフトウェアコントロールパネル技術により、Satori Monitoring System や MP32 32チャンネルのマイクプリアンプなど、まったく新しい世代のアナログデバイスへの扉を開拓し、柔軟で正確なコントロール機能が実現しました。 Satori の場合、応答性の高い音源とスピーカーの出力切り替え、正確なリモート音量コントロール、ミュート、モノ、ディム、 ミッド/サイドのモニタリングを指します。 Satori のコントロールパネルには、瞬間的な信号の視覚化のためのステレオピークメーターも装備されています。

入力と出力の切り替えと調整、アーティストへのヘッドフォンモニタリングの割り当て、トークバックなどもスタジオのどこからでも制御可能です。これは、Satori のエレガントなフロントパネル、ソフトウェアコントロールパネル、人間工学に基づいたリモートコントロール、モバイルアプリケーションのおかげで実現しました。

EXTENDED CONNECTIVITY

デバイスに必要なすべての I/O がこの 1U に

Satori は豊富な接続オプションを提供しています。他の 1U モニタリングシステムは、8つのステレオ入力と 4つのステレオ出力を備えていません。Satori は XLR、1/4 “TRS、D-Sub 25にも対応し、サブウーファー出力と 4つの1/4インチ独立ヘッドフォン出力を備えています。

ビデオチュートリアル

接続性

スペック

    • Analog Inputs

4 x Stereo Pair Line Level Inputs. Ch1 on XLR & Ch2-4 on TRS
4 x Stereo Line Level Inputs on D-Sub 25
1 x Talkback Mic Preamp on TRS

    • Analog Outputs

4 x Stereo Line Level Outputs on D-Sub 25
4 x Stereo Pair Monitor Outputs, Mon1 on XLR and Mon2-4 on TRS
1 x Line Level Stereo Sum Output on TRS
1 x LFE Output on TRS
4 x Headphone Outputs (two on the rear and two on the front) on TRS

    • USB I/O

USB 2.0 Hi-Speed, Type B
For use with the software control panel

    • Dynamic Range

132dB

    • THD + N

127dB

    • Operating temperature

0-50° C / 32-122° F

    • Weight

~2kg / 4,4lb approx.

    • Dimensions

Width: 483 mm / 19” /Rack/
Height: 44 mm(1U) / 1,75”
Depth: 220 mm / 8,66”

    • Power Supply

AC Universal input ~95-245 V

    • Power Consumption

25 Watts Max.

System requirements

Windows

OS: Windows 7/8/8.1/10
Disk Space: Minimum 512 MB available disk space
USB: 1x USB 2.0 Port
Required USB bandwidth (for firmware update): 80%-90%
CPU: Intel or AMD equivalent CPU with at least 2GHz operating frequency
Memory (RAM): 4GB Minimum (8GB or more Recommended)

MAC

OS X: 10.9/10.10/10.11/10.12 (Sierra Recommended)
Disk Space: Minimum 512 MB available disk space
USB: 1x USB 2.0/3.0 Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
Memory(RAM): 4GB Minimum (8GB or more recommended)
CPU: Intel Core 2 Duo (Minimum) Intel Core i3 ™ or higher (Recommended)

追加情報: 製品のアクティブ化にはインターネット接続が必要です。

レビュー

ダウンロード

Orion Studio HD

Orion Studio HD

HDX and USB3.0 Pro Audio Interface

Goliath HD

Goliath HD

Thunderbolt2™ , USB 3.0 & MADI Audio Interface

Orion Studio

Orion Studio

Thunderbolt ™ and USB Studio Interface

Zen Studio+

Zen Studio+

はビンテージ FPGAベーズド効果の拡大する機能が付属しており