コンピューターからのアクセスを推奨いたします。

サポート最新情報

日本語ページに記載のない、詳しい内容、技術情報などは本部サポートにお問い合わせ下さい。FAQ のページにはより詳しい解説が掲載されています、。トラブルシュートにご活用ください。詳細はこちら

また日本で対応出来ない範疇のサポートの場合、本部サポートへご連絡いただくことになります。より高度で確実なサポートが必要な場合は以下ページよりサポートに連絡してください。詳細はこちら

ファームウェアアップデート時は手順を必ずお守り下さい。また Factory Reset を必ず実行して下さい。
https://jp.antelopeaudio.com/support/confirm/#firmware
なにかデバイスに不具合が出た場合、初めに Factory Reset を実行してください。解決する場合があります。
https://jp.antelopeaudio.com/support/troubleshoot/#factory-reset
USB と Thunderbolt 両接続が可能なインターフェイスは必ず、Comm. Interface をご確認ください。
https://jp.antelopeaudio.com/support/guide/#connect

Mac をご使用されているかたで Wifi 機能を ON にしている場合は OFF にすることで不具合が回避されることがあります。Windows をご利用している方は Windows Udate を行った後にデバイスにノイズが発生することがあります。この場合、アップデートが原因でノイズが発生している可能性が非常に高いため、ビルド を以前のバージョンに戻してください。

Early 2011 以前の Mac 製品では Thunderbolt 接続における、互換性がない場合があります。(これは Antelope 製品以外でも発生している問題です) 詳細はこちら (英語)

最新 Mac は Thunderbolt 3 ポートのみ搭載となっており、USB-C から USB への変換を使う場合、Antelope Audio 製品に限らず正常に認識されないことがございます。Thunderbolt 3 と USB-C は互換性がありますが、規格が違いますのでご注意ください。USB-C 端子に関して詳しい解説がされている外部サイトがありますので、ご参考ください。詳細はこちら

トピックス

AFX2DAW 解説

Antelope Launcher 解説

Zen Tour VS Discrete 4

FPGA FX のハードウェアインサート

製品のデモについて

ドライバーの再インストール方法

マイクエミュレーションの適応方法

Basic FX と Premium FX

HD シリーズの類稀なる多様性

FPGA FX とは一体何なのか?

ルーティング画面解説

Antelope のクロッキング技術とは

コントロールパネルの機能紹介

ビデオ解説

Edge Strip 製品紹介

ルーティングの学習方法と高度な応用

FPGA FX 音質サンプル

FPGA FX コンプレッサー音質比較

Discrete の紹介と FAQ

ルーティングの詳細解説

マイクモデリング紹介

プリアンプモデリング紹介

※ 11/13 〜 11/16 の間、InterBEE 出展のためすべてのサポートに即日ご対応できません。ご了承ください。

お問い合わせ

Antelope Audio Japan の日本人スタッフにメールが届きます。製品に対するご質問や使い方のご質問、使用方法のレクチャーなども承っております。また製品取扱などについてもお気軽にお尋ね下さい。

製品サポートをご希望の方は、製品名シリアル番号、お使いの OSDAW、接続方法 (Thunderbolt/USB) システム構成等をご記入の上、ご送信下さい。

名前 (必須)

会社名

メールアドレス (必須)

件名 (必須)

内容 (必須)

ダイレクトサポートライン

050-5217-1969

Antelope Audio Japan の日本人テクニカルサポートスペシャリストの直通回線です。※ 土日祝を除く、11:00〜19:00 対応しておりますが、サポートスタッフが打ち合わせや外出中の場合もありますのでご了承下さい。 (公式ツイッターで担当者の不在等通知しております)

Skype-ID: antelope_japan

Skype でもチャットや通話でもサポート致します。画面共有機能を使い、製品の使い方の説明やトラブルシュートも行っております。

リモートセッションサポート

製品のトラブルシュートや使い方の説明、ルーティング設定など、リモートセッションで解説ご案内しております。詳しくは リモートセッションサポート をご確認ください。※ 一部のサポートではリモートセッションが必須の場合があり、特定の問題に関しては Antelope Audio 本部の高度なリモートセッションが必要になります。これを拒否した場合、サポート対象外となる恐れがあります。

修理や交換品の流れ

初期不良の疑いや修理のお問い合わせの場合、トラブルシュートを行い修理または交換が必要だと判断され次第、修理交換の受付となります。(Antelope 製品は高度な設計と構造を採用しているので、コンピューターとの接続や設定を見直すだけで状況が改善されることがほとんどであり修理や交換対応を安易に受け付けておりません。) 必ず、お客様は製品のシリアル番号をお控えください。保証期間の確認のために必要です。購入から1年以内であれば保証対象です。

サポートや修理、交換等の対応は 保証ポリシー に準じて対応しております。(購入された時点でこちらに同意したとみなされますのでご確認ください)