基本的な使い方

Antelope Launcher をダウンロードする場合は以下のリンクよりダウンロードして下さい。

macOS: Download Latest macOS Launcher
Windows: Download Latest Windows Launcher

初回セットアップ時に更新が入ります。自動でアップデートファイルがダウンロードされ、セットアップアプリケーションが立ち上がります。

macOS の場合、pkg ファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動してください。通常のアプリケーションと同様にインストール手順を行って下さい。

Window の場合、インストーラーを起動するとインストールがはじまります。通常のアプリケーションと同様にインストールを行って下さい。

アプリケーションを立ち上げる時、Windows ユーザーの方は [管理者で実行] してください。

Windows の方は必ず [アクセスを許可する] を選択して下さい。これをキャンセルした場合、Antelope Laucher が正常に動作しません。

また、macOS 上でアクセシビリティに Antelope Launcher が登録されていない場合、アプリケーションが正常にデバイスを見つけることができません。必ずご確認ください。

初回起動時には、Antelope Launcher 自体のアップデート、もしくは接続している Antelope 製品のファームウェア、コントロールパネル等のアップデートが勧告されます。Choose Update の欄のチェックボックスをクリックすると Antelope のアイコンが有効になり、UPDATE ボタンが押せるようになります。右下の UPDATE ボタンを押すとアップデートが開始されます。

※ デバイス製品ファームウェアのアップデートのときは、以下のアップデート手順を必ず厳守して行って下さい。日本国内では製品のアップデートが正常に行われず、不具合が発生した報告が跡を絶ちません。必ずアップデートの手順は厳守して下さい。

Antelope Audio の製品コントロールアプリケーションは Antelope Launcher に統合されます。

旧製品、LiveClock、Pure2、Orion32、OCX-HD、Satori、Zen Studio、10MX はこの Antelope Launcher には対応していません。ご注意ください。

更新は非常に頻繁に行われております。

更新は Antelope Launcher が自動で行います。これは現状回避できません。自動更新が煩わしい方は Wifi やネットワークを切断した状態で起動をオススメ致します。

ファームウェアとコントロールパネルのバージョンは常に最新を推奨しております。

ファームウェアとコントロールパネルのバージョンは最新状態が一致していない場合、致命的なバグやエラーが発生する場合があります。ファームウェアとコントロールパネルのダウングレードは基本的にはできません。このアプリケーションソフトが製品のファームウェアとコントロールパネルを正しいバージョンでアップデートさせます。

Antelope Launcher のトラブルシュート

最初にこのアプリケーションの内部構造が構築されているディレクトリを説明します。

  • MacOS: MacOS HDD/ユーザー/共有/.AnelopeAudio/
  • Windows: Windows(C:)/ユーザー/パブリック/.AntelopeAudio/

※ MacOS の場合、隠しフォルダになっています。隠しフォルダを Finder 上で表示する方法は各 OS バージョンで確認して下さい。最新 (10.13 以降) の macOS の場合、[Command + Shift + . ] で隠しフォルダが表示されます。

なにか問題が発生した場合はディレクトリを確認してください。

上記階層に Antelope Launcher の内部構造が構築されています。以下階層にコントロールパネルやサーバーアプリケーション等がインストールされます。Antelope Launcher に問題が起きた場合、アプリケーションの再インストールと上記の階層を完全に削除する必要がございます。アプリケーションの再インストールだけでは状態が回復しない場合があるため、かならず、.AntelopeAudio のフォルダも完全に削除してください。

またコントロールパネル等をアップデートしたのにもかかわらず、起動出来ない、コントロールパネルが Antelope Launcher 上から立ち上げることが出来ない等の不具合に遭遇した場合は上記階層にアプリケーションが配置正常に配置されているか確認ください。コンピューターのセキュリティ設定によっては Antelope Launcher が正常に動作せず、ファイルを同階層に正常に配置できない場合があります。問題が起きた場合は必ず、Antelope Launcher のディレクトリ構造をチェックしてください。

Antelope Launcher を再インストールする場合

必ず、Windows であれば、コントロールパネルの [プログラム] [プログラムと機能] から Antelope Launcher を完全に削除した後に、

  • Windows(C:)/ユーザー/パブリック/.AntelopeAudio/

の階層を完全に削除してから、Antelope Leuncher を再インストールしてください。

macOS の場合、Application の階層から Antelope Launcher を完全に削除した後に、

  • MacOS HDD/ユーザー/共有/.AnelopeAudio/

の階層を完全に削除してください。この階層は macOS の場合、隠しフォルダとなっています。隠しフォルダを Finder 上で表示する方法は各 OS バージョンで確認して下さい。最新 (10.13 以降) の macOS の場合、[Command + Shift + . ] で隠しフォルダが表示されます。

上記の階層を完全に削除してから、Antelope Leuncher を再インストールしてください。

ネットワーク設定を必ずご確認下さい

macOS の場合ファイアウォール設定をご確認下さい。

製品アプリケーションにはネットワーク設定が必要になります。この機能を阻害される恐れのある、他のアプリケーションやセキュリティ設定がある場合、正常に Antelope Launcher が起動できず、コントロールパネルが起動できない状態に陥ります。必ず、Antelope Launcher がファイアウォールやネットワーク設定に制限に引っかかっていないか確認して下さい。

Windows の場合ファイアウォール設定とアンチウィルスソフトをご確認下さい。

Windows の場合は、Antelope Launcher を必ず、アプリケーションのネットワーク通信の許可の設定をして下さい。この設定が無効または許可されていない場合、Antelope Launcher 及び該当デバイスのコントロールパネルが起動できません。必ず、antelopeaudio.com と通信ができるようにネットワーク設定をし、Antelope Launcher 自体のアプリケーションがネットワークの通信が行えるように、アンチウィルスならびにファイアウォールの設定を確認して下さい。

ファームウェアアップデート時は以下のことを必ずお守り下さい。

アップデート手順を厳守しない場合、アップデートに失敗して製品が正常に動作しなくなる恐れがあります。必ず厳守して下さい。

こちらの アップデート手順 を確認し、アップデートが失敗した、または Golden Boot の際は必ず厳守して下さい。

以上の手順を踏んでも状況が改善されない場合は、USB の通信に障害が発生している可能性が高いです。必ずインストールの手順は守ってアップデートを行って下さい。デバイス以外の機器はコンピューターから外して下さい。ブラウザや DAW を起動した状態でアップデートした場合、失敗することが高いことを Antelope Audio Japan では確認しております。必ず Antelope Launcher 以外のアプリケーションは閉じて下さい。

※ アップデード成功後は必ず Factory Reset を実行して下さい。

アップデート後にコントロールパネルや製品の動作がおかしい場合

アップデードに失敗しております。以下の動作をご確認下さい。

  1. 必ず、Factory Reset を実行して下さい。
  2. 一度電源を完全に落として (電源を直接抜く) デバイス自体を再起動して下さい。
  3. コントロールパネルが応答不能になったり、立ち上がらない場合はコントロールパネルを再インストールして下さい。
  4. また、USB/Thunderbolt の接続が安定していない場合、コントロールパネルが立ち上げが困難になります。Antelope が推奨する接続状態にあるかを確認して下さい。

コントロールパネルの動作がおかしい場合は再インストールをして下さい。

コントロールパネルは各 OS、共有フォルダに保存されます。
※ macOS の場合、隠しフォルダになっています。隠しフォルダを Finder 上で表示する方法は各 OS バージョンで確認して下さい。最新 (10.13 以降) の macOS の場合、[Command + Shift + . ] で隠しフォルダが表示されます。

  • MacOS: MacOS HDD/ユーザー/共有/.AnelopeAudio/各デバイス名/panels
  • Windows: Windows(C:)/ユーザー/パブリック/.AntelopeAudio/各デバイス名/panels

このフォルダを完全に消去して、Antelope Launcher を再起動して下さい。コントロールパネルが再インストール可能になります。

ファームウェアの再インストール方法

以下のページをご確認下さい。
Antelope Launcher 対応製品のファームウェア再インストール方法は Golden Boot という手順が必要です。

アップデートの失敗を繰り返す場合は、接続に問題がある可能性が非常に高いです。必ず、Antelope が推奨する接続方法を遵守して、アップデートを行って下さい。

各プラグインをダウンロードできます。

現在 Edge, Verge 用のエミュレーションプラグインが配布されています。

これは、Edge、Verge をご購入されたお客様しか使用できないように、iLok Code で保護されております。Edge、Verge のモデリング用ネイティブプラグインが必要なお客様は Edge、Verge のモデリング用マイクロフォンを別途ご購入下さい。

Antelope Server 機能が使えます。

同じローカルエリア内にある Windows macOS Android iOS デバイスから各製品にアクセスできます。

Antelope Audio の製品は実は、直接接続していない、 Windows、macOS、Android、iOS の製品デバイスからコントロールが可能です。デバイスが直接接続されているコンピュータと同じローカルエリア内に接続している各コンピュータや端末がある場合、そのプラットフォーム上でコントロールすることが可能です。
※要 Antelope Launcher 及び Android iOS アプリ必須

ツイッター API が表示されない方はこちらから

詳細なデータは .AntelopeAudio のフォルダに格納されています。

コントロールパネルは各 OS、共有フォルダに保存されます。
※ macOS の場合、隠しフォルダになっています。隠しフォルダを Finder 上で表示する方法は各 OS バージョンで確認して下さい。最新 (10.13 以降) の macOS の場合、[Command + Shift + . ] で隠しフォルダが表示されます。

  • MacOS: MacOS HDD/ユーザー/共有/.AnelopeAudio/各デバイス名/panels
  • Windows: Windows(C:)/ユーザー/パブリック/.AntelopeAudio/各デバイス名/panels

Antelope Launcher は基本的に最新のコントロールパネルを読みに行きますが、ここから過去のコントロールパネルやプラグインに戻すことも可能です。最新のファームウェアで過去のコントロールパネルを動作させることは不具合の温床になる恐れがあります。これらはサポート対象外となりますので、自己責任で行って下さい。

直接コントロールパネルを開くことはできません。

ランチャー経由でコントロールパネルを起動させるように設計されているため、コントロールパネルアプリケーションを直接起動しようとしても、エラーを表示し起動できません。ランチャーが存在することをご理解頂きたいと思います。


上記のようなアラートが出る場合、正常な起動方法でアプリケーションを起動していません。Antelope Launcher 経由でアプリケーションを起動してください。

定期的なコンピュータのデータ掃除などを推奨致します。

製品は使っていく内に不要なキャッシュファイルの影響を受けて動作に支障をきたす恐れがあります。DAW 自体の動作不安定の原因もキャッシュがかなりの割合で締めます。Window、macOS 共に、クリーナーアプリケーションなどを使い、コンピューターのデータ掃除を定期的に行うことを推奨致します。