必ずご確認頂きたいこと

Antelope 製品の特徴について

Antelope 製品は高度な技術と設計を採用しているため、お客様側のセットアップの仕方に問題がある場合、機器の不具合の発生の原因になります。必ず使用方法は Antelope の動作保証範囲内で行って下さい。Antelope が保証する範囲外のご使用方法で不具合が発生する場合は、セットアップを Antelope が推奨する接続方法にして下さい。

USB HUB 経由で繋がないで下さい

デバイスを認識しない、コントロールパネルが上手く動作しない原因です。

接続するときは、必ず コンピューター に直接接続して下さい。USB や Thunderbolt の通信帯域を確保出来ない場合、コンピューターがデバイスを認識しない1番の原因となり、音割れの原因や機器の不具合の発生に繋がります。もし USB HUB 経由で接続している場合は、不具合の原因になりますのでご使用はお控え下さい。

ドライバのアップデートは確認して下さい

古いままのドライバで macOS など、バージョンアップしないでください。

バージョンアップした時、ドライバが OS に非対応のままで、物理的にデバイスとコンピューターを接続して、認識しないなどのご報告がとても多いです。必ず最新ドライバーを確認してインストールして下さい。

ファームウェア更新時は手順を必ずお守り下さい

Successfully と出ても、安心はせず、Factory Reset 後に機器の動作を確認下さい。

Antelope Updater でアップデート中に、ブラウザを使用したり、別の機器で DAW を起動させ、動作していた場合、高確率でアップデートに失敗致します。Successfully と表示されても、実際には正常にアップデート出来ていなかった例を Antelope Audio Japan は確認しております。絶対にファームウェアのアップデート時は手順をお守り下さい。

ネットワーク状況を確認して下さい。

アップデート途中にネットワークが切断した場合、アップデートのデータダウンロードに失敗します。必ず、ネット環境が安定している場所で行って下さい。

ご使用のコンピューターには デバイス のみ接続して下さい。

コンピューターを接続するときは最小限のセットアップを心がけて下さい。外付け HDD や別の USB インターフェイス、Thunderbolt 製品等は外して下さい。また、USB ハブ経由の接続、アップデートは絶対にしないで下さい。

アップデート時は USB 接続を推奨しています。

アップデーする時は、デバイスの USB 接続をご使用下さい。Thunderbolt 接続から切り替える場合、デバイスの System Menu の Comm Interface が USB に選択されていることを必ず確認して下さい。

必ず、USB ポートを確認して下さい。

USB 2. 0 の製品は USB 2.0 ポート、USB 3.0 の製品は USB 3.0 ポートに接続して下さい。USB 3.0 ポートは USB 2.0 と互換性があります。また、USB ポートには優先度があります。優先度の高い ポート を使用して下さい。

USB ハブ を使用してコンピューターと製品を接続しないで下さい。

USB ハブ自体が帯域幅を分割し製品が認識しない、コンピューターに認識されないなどの不具合の原因になります。普段から製品を安定して使用したい場合は必ず、直接コンピューターとデバイスを繋いで使用して下さい。

Antelope Launcher もしくは該当製品のコントロールパネル以外のアプリケーションは起動しないで下さい。

DAW や WEB ブラウザを開いた状態ではアップデートが失敗に終わったケースがいくつも発生しております。

アップデート途中でケーブルが抜けたり、電源が落ちないように気をつけて下さい。

アップデート中に更新が停止した場合、致命的な不具合が発生し、デバイスが正常に動作せず、再度アップデートが困難になる場合があります。デバイスが致命的な不具合に陥った場合は、Golden Boot が必要になります。

必ず Factory Reset を実行して下さい。

Update Successfully や Please reboot your device と表示されても、安心せずに、デバイスの電源を直接抜き、デバイスを再起動後、Factory Reset を実行して下さい。Thunderbolt 接続に変更する場合は、デバイスの再起動とFactory Reset 実行後、行って下さい。

Factory Reset は各デバイスの System Menu から実行できます。詳しくは各マニュアルか以下をご確認下さい。

Goliath, Goliath HD, Zen Tour に関しては、タッチパネルの左上メニューからスクロールし選択、実行できます。Orion32 シリーズは、電源を長押しすると、システムメニューがディスプレイに表示され、Frequency ボタンでカーソルを移動し、Factory Reset に合わせて ▼ のボタンを長押しして下さい。

Orion Studio シリーズはディスプレイ右横上のボタンを長押しすると、システムメニューがディスプレイに表示され、ボリュームコントロールノブで Factory Reset に合わせてボリュームコントロールノブを押し込んで下さい。

Zen Studio+ は、電源を長押しすると、システムメニューがディスプレイに表示され、ボリュームコントロールノブで Factory Reset に合わせてボリュームコントロールノブを押し込んで下さい。

Discrete シリーズは、ファンクションボタン (上部) を長押し、システムメニューがディスプレイに表示され、ボリュームコントロールノブで Factory Reset に合わせてボリュームコントロールノブを押し込んで下さい。

管理者権限でのご使用を心がけて下さい。

製品アプリケーションが OS のブロック機能により、正常に動作しない場合があります。

MacOS、Windows 共に Anteloep のアプリケーションを起動する場合は、管理者ならびに管理者権限で起動するように心がけて下さい。MacOS、Windows 共に、アクセス権がない状況でアプリケーションを起動し、アップデートなどがあった場合、失敗する可能性があります。もし、アップデートなどがある場合、アプリケーションは管理者権限で起動して下さい。

他機器との干渉に十分ご注意下さい

他の USB 機器などの通信にデバイスが干渉され、不具合を起こす例があります。

他機器との相性の問題もありますが、例えば USB メモリや HDD USB で繋いだ場合、デバイスの通信を阻害されることがあります。このようなことが起きた場合、コンピューターにデバイスが認識されない、音声が音割れするなど、不具合が起きます。出来れば最小限のセットアップでご使用下さい。