製品を修理するために。

まず、どうしたらよいですか?

自分で解決策が見つからない場合は、ハードウェア関連の問題があるかどうかを確認するために、サポートにご連絡ください。問題がハードウェアに起因する場合は修理が確定次第、修復プロセスをご案内します。修理手順のために RMA 番号が発行されます。初期不良や返品等の場合は、必ず購入した販売店へご連絡ください。RMA が発行されていないにもかかわらず製品を Antelope Audio へ配送しても返送されるだけです。必ず修理手順を踏んでからデバイスを Antelope Audio へ配送してください。

RMA とはなんですか?

工場でのサービスまたは修理手続きには、RMA (Return Merchandise Authorization) 番号の発行が必要です。RMA 番号を受け取らずにデバイスを送信しないでください。デバイスは返品され、サービスは提供されません。

(日本での修理でも必ず必要になる番号です。ただし、お客様が RMAの番号を受け取る必要はありません。日本の修理案内担当の指示に従い、デバイスを発送してください。)

RMA 番号を取得するにはどうすればよいですか?

Antelope Audio カスタマーサポートチームは、RMA 番号の発行を担当しています。

日本の修理に関しては jp.antelopeaudio.com/support/ にアクセスして修理についての欄を参照ください。

修理は メールフォーム でのみ受け付けています。

RMA が発行され次第、修理手順を説明したメールが届きます。

修理デバイスを発送する場合の注意事項

配送する製品と一緒に、氏名、配送先住所、デバイスのシリアル番号、テクニカルサポートチームが発行した RMA 番号、技術的な問題に関する短い情報を記載したメモを添えてください。

必ず製品を配送する際は、製品元箱を使用するか、ない場合は十分に緩衝材を詰めて梱包し、ご配送ください。配送中のトラブルに関しては Antelope Audio は一切責任を負いかねます。必ず配送の保険に加入するか、問題が起きた場合は配送業者に連絡してください。

輸送中に出荷ラベルの判読できなくなった場合に備えて、別のラベル、古い出荷情報は削除し、箱の中にお客様情報が記載されたメモを必ず追加するか、追跡番号を必ず保管し、テクニカルサポートに事前に通達してください。デバイスが行方不明になる事案が増えています。

送料は製品の所有者が負担となります。日本国内の修理ではなく、Antelope Audio本部、ヨーロッパでの修理の場合、返送時における日本の関税をカバーできません。予めご了承ください。

パッケージには、精密機械やワレモノ注意のシールを付け、保険をかけ、追跡番号を必ず控えてください。

デバイスのシリアル番号は、すべての発送書類に忘れずに追加してください。

Antelope Audio は、未配達のパッケージについて責任を負いかねます。Antelope Audio へ配送途中で紛失または損傷の損害請求については、配送サービスプロバイダーに直接お問い合わせください。

Antelope Audio は、不十分なパッケージングによる製品の損傷に対する修理費用をカバーできません。梱包が不十分での配送で発生じたデバイス破損が大変増えております。デバイス配送時における梱包作業を十分に行ってください。