トラブルシュートのためのドライバー解説

Windows 上で利用している場合、ドライバーの詳細を監視出来ます。

Windows タスクバー、右下の隠れているインジケータを表示します。各製品のドライバーにアクセスできます。

※ 旧製品のドライバーはコントロールパネル上でのみ ASIO をコントロール出来ます。(監視機能はありません)

Client Info

リアルタイムのドライバーの状況を確認できます。数字表記が 1 以上の場合、意図しない別のアプリケーションから割り込みを掛けられる可能性があります。また、ドライバーを利用していないにも関わらず 1 以上の Clients が表示されている場合は、意図しないアプリケーションがドライバーを専有していることになります。これらはドライバーの正常動作の妨げの原因となっている場合があります。

ドライバーは複数のクライアントに割り当てが可能ではありますが、この柔軟な機能はアプリケーションの不要な干渉を受ける場合があり、ASIO や WDM のドライバー動作の妨げとなる場合があります。安定的な利用をしたい場合はクライアントはそれぞれ 1 以下に保つようにしてください。

また、マルチチャンネルドライバを読み込まない、信号を認識することが出来ない 2ch 限定のソフトウェアがあります。これはアプリケーション側の対応問題で、Antelope Audio のドライバーが原因ではありません。解決策としては ASIO4ALL や Voicemeeter などの中間ドライバを利用する方法があります。

Info

デバイス情報が表示されます。

About

ドライバー情報が表示されます。

Status

現在の動作サンプルレートが表示されます。

Options

ストリーミングのモード Always と On when needed が選択出来ます。

Format

現在の動作フォーマットが表示されます。

ASIO Device

現在利用できるデバイスを表示します。

Buffer Settings

任意のバッファサイズに変更出来ます。また Safe Mode の有効無効が出来ます。(この値が適切でない場合、正常にストリーミングが行えない場合があります。)

このパラメータは ASIO Driver 専用です。Windows Audio には一切影響を与えません。Windows Audio Driver と ASIO Driver は全くの別物であることを理解する必要があります。