問題が起きた場合の最初の確認手順

必ず、Getting Started、製品マニュアル、セットアップガイドをお読みください。

お問い合わせの内、殆どの原因がセットアップを手順通り行なっていないことに起因する問題です。必ず、製品付属の冊子、Getting Started から製品のセットアップについてご確認ください。

日本語でご確認頂く場合は 製品の利用方法 についてご確認して頂き、スタートアップガイド に従い、製品のセットアップを行なってください。これを行わない限り、製品はコンピューター上では正常に利用できません。必ず、熟読してください。また各製品の マニュアル を一度目を通してください。

必ず、まず始めに Factory Reset を実行してください。

音が出なくなった等の問い合わせの内容のうち、9割以上 がルーティングミス です。

落ち着いて、Factory Reset を実行して、デバイスの状態を初期状態に戻しましょう。

また「アップデート直後に音がでなくなった、信号が確認できない」等の原因は Factory Reset を実行していないことが原因  です。

Factory Reset について詳しくはこちら

ファームウェアインストールを疑う

ファームウェア更新直後に動作不良や問題が発生した場合は、まずはインストールミスをご確認ください。

ファームウェアのインストールが完全に成功していない場合も考えられますので、Golden Boot の手順を確認後、再度同じ問題が確認できるかお試しください。

なお、ファームウェアのアップデート自体が問題である場合もありますので、Old Version での動作の確認も重要になる場合があります。

サンプルレートの同期を確認する

複数のアプリケーションを同時使用している場合、ドライバーの開放や専有の切換えが上手く行えない場合、再生が始まらないシチュエーションがあります。ドライバーの開放や専有に関しては詳細に設定できるアプリケーションもありますが、できない場合が多いです。

この場合、複数のアプリケーションにまたがるサンプルレートの同期の問題が起きる場合があり、音声の再生ができない状況が生まれます。解決策として、複数のアプリケーションの動作周波数を一致させてください。詳しい状況確認に関しては こちらをご参考 ください。

また、Windows ドライバーの専有や開放に関連したドライバーの状況をリアルタイムで確認する方法を こちらのページ で解説しています。

CPU のオーバーロードが発生する

提供される製品郡は完全にコンピュータとは独立した構造を構築しています。つまり CPU には干渉しません。

製品を制御するコントロールパネルや AFX2DAW などコンピュータ上に存在するソフトウェアはエフェクトの描画などでリアルタイムの計算が必要な場合に限り、CPU のリソースを利用します。プラグインは CPU の処理能力を利用してエフェクトを再現します。これらは例外的です。

しかし、デバイスの処理構造がコンピュータに影響を与えることはありません。ドライバーは CPU には干渉しないため、プラグイン製品を除き、製品郡が CPU の処理に影響を与えることは描画以外ではありません。

オーバーロードの原因としては、ディスクの読み込みスピードや通信に負荷がかかり (例えばバッファサイズが極端に低い場合) 、CPU の処理能力が必要になっている等が考えれます。

詳しくは 別ページにて解説しています のでご参考ください。

デバイスがコンピュータに認識されない

製品とコンピュータの物理的な接続状況を確認する。

まず、製品がコンピュータと正常な通信が行える状況であるか、を確認するとトラブルの元となっている事象の把握がしやすくなります。

基本的なご確認になりますが、製品に電源が入っているのか、適切な接続方法でコンピュータと接続しているのか一つずつご確認ください。

  1. コンセントから直接電源ケーブルの抜き差しを行う。(電源を再投入)
  2. USB または Thunderbolt の抜き差しを確認し、OS 上でハードウェアの確認を行う。
  3. ドライバーアプリケーションをチェックし、デバイスの認識の確認を行う。
  4. コンピュータを再起動する。
  5. デバイスリセットを確認する。(詳しくは下記項目参照)

macOS では、[システム環境設定] → [サウンド] や [この Mac ついて] → [システムレポート] の USB または Thunderbolt を確認して、デバイスの物理的接続を確認してください。(なお、物理的な接続を確認出来るからと言って製品が正常に接続されている保証になりません。Apple 社確認済)

Windows 10 では、画面左下の [Windows マーク] を右クリック → [デバイスマネージャー] を選択してください。

接続しているデバイスの状況を確認してください。上記はエラーの一例です。⚠ はデバイス接続に問題が起きている証拠です。ドライバーの再インストールをご確認ください。

注意: 非常に勘違いしやすいこととして、コンピュータ側が物理的な接続を認識しているので、接続自体には問題がないと判断しがちです。しかし、これらの情報は接続自体が正常であるかの判断にはなり得ません。接続は確認できるが製品が OS に認識されない場合、物理的な接続、特にケーブルとドライバが適切であるか、を疑ってください。Thunderbolt 接続する場合、ケーブルや変換アダプタ、または Windows の Thunderbolt PCIe の影響で製品が正常動作しない症状が多数報告されています。これを変更することによって正常な認識を確認するケースが多発しています。

ドライバーが正常にインストールされていない、接続状況が適切ではないなどが考えられるため、以下のトラブルシュート、ドライバーの再インストールを必ずご確認ください。※ 一部の製品や OS などでは ドライバーのバージョン確認 が必須です。

macOS NVRAM リセット https://support.apple.com/ja-jp/HT204063

macOS SMC リセット https://support.apple.com/ja-jp/HT201295

Windows Intel CPU の場合 https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/detect.html

チップセット側の最新ドライバーをチェック、インストールする。

接続方法を確認する

最新のデバイスは自動で USB ケーブルで接続する場合と Thunderbolt ケーブルで接続する場合には、設定を切換えますが、旧製品の場合は接続設定をマニュアルで切り替える必要があります。詳しくはこちら

Thunderbolt や USB ケーブル自体の不良などの報告は少なくなく、ケーブルを変更したら問題なく動作した、アダプタを変更したら動作した等の報告は多いです。

特に Thunderbolt 3 に対応したケーブルは信頼性の低いケーブルが出回っているためご注意ください。

付属の USB 自体が初期不良である場合も捨てきれませんので、別のケーブルがある方はお試しください。

よくある原因と考えられる事象

ドライバーが正常にインストールされていない状況が多発しております。

ドライバーのインストールが正常に成功していない状況が多発しております。Windows、macOS ともにセキュリティ強化の影響で、意図しないインストールミスが多発しているため、必ず OS 側でのセキュリティを突破して、インストールが完全かどうか確認してください。

ドライバーの再インストールドライバーの状況確認 (Windows) などを参考にして、ご利用ください。

接続方法を必ず確認してください。

USB ポートや Thunderbolt ポートを変えて動作確認をしてください。USB ハブを利用してデバイスを接続している場合は直ちに使用を中止してください。不具合の原因となる場合があります。ドライバーや製品要項に準ずる環境でご利用しているか必ず確認してください。また セットアップ手順 を必ず確認してください。

付属する USB ケーブルの不良も万が一に考えられます。別の USB ケーブルがある場合はご確認ください。

注意: USB 2.0 製品は USB 2.0 Port、USB 3.0 製品は USB 3.0 Port に接続してください。(USB 3.0 は 2.0 と互換性があります。) ご利用のコンピュータによっては内部で HUB 構造を形成している USB ポートがある場合があります、ご注意ください。

アプリケーションの使い方や仕様を十分ご確認ください。

アプリケーションの使い方がわからない場合、製品を十分に使いこなすことは困難です。また、Antelope Audio 製品は高度なデバイス動作を求めるため、OS 側のセキュリティ機能や自動操作により、正常な動作の妨げとなる場合があります。これらは OS によって引き起こされる問題であるため、アプリケーション側での対策できません。OS 側の設定を十分に考慮してください。

詳しい内容は各アプリケーションの解説ページ、または動画解説ページをご確認ください。またアプリケーション側で情報を確認することで原因を突き止めることがで切る場合があります。

ユーティリティ関連解説

動画解説ページ (各製品の解説、コントロールパネルやルーティング解説)

故障なのか? と思ったら

コンピュータの設定や DAW、その他アプリケーションをご確認ください

デバイスは物理的なものですので、故障や不具合の原因だと考えることは想定としては「最後の砦」です。まずは接続方法やソフトウェア、各設定を見直す、ということから始めてください。

また、OS の最適化や DAW の最適化設定が出来ていない場合、デバイス使用に支障をきたす場合がありますので、必ず OS や DAW の設定を見直してください。

ほとんどの問題が、セキュリティ設定が邪魔をしているデバイスのリセットを実行していない、 USB ストリーミングの最適化、Buffer size の最適化、Driver の最適化、サンプルレートの同期あたりが原因となっております。

特に複数のアプリケーションを同時利用したり、特定のアプリケーションの設定によってはドライバーに割り込みを掛けたりなど、不具合の原因になることがあります。アプリケーションによってはドライバの開放や ASIO Guard などの機能があり、これらの設定によってドライバーの優先度の問題が起こることもありますので、ご確認ください。

必ず、各 OS の最適化を行なってください。最適化設定ができていないことに起因する問題は非常に多いです。

Windows の方はこちらを参照

macOS の方はこちらを参照

ソフトウェア側の問題だと思われる不具合の場合

また、Antelope Launcher が正常動作しない原因も、Antelope Launcher のアップデート直後に発現している場合が多く、正常にアップデートが成功しなかったことが原因であることが非常に多いです。なにかアプリケーション動作に不審な点を感じた場合は、Antelope Launcher、またはコントロールパネルの削除と再インストールを実行してください。必ず、再インストールは手順に従い、行ってください。

Antelope Launcher や製品コントロールパネルの動作は ネットワークの機能経由で制御 しており、OS のセキュリティ設定によっては、正常に動作致しません。必ず OS のセキュリティを回避できるようにアプリケーションを設定の上、OS のセキュリティ認証をクリアして動作していることを必ずご確認ください。

また、Logs file を確認するとエラーが見つかる場合があります。直接的なエラー情報は見つけられなくても、間接的な情報が得られる場合があります。

Antelope Launcher の詳しい解説については こちらをご確認 ください。

ドライバーが正常に動作していない思われる場合は、ドライバーの再インストール の後に必ず、コンピュータの再起動 を実行してください。

接続を変えた場合は必ず以下をご確認ください。

デバイスを別のコンピューターへ繋ぎ変えたり、接続方法を変えた場合に、音が出ない、認識されない場合にも、Factory Reset を実行しましょう。

また、接続方法 (USB ⁄ Thunderbolt) を切り替えた際は 必ず Comm. Interface を確認しましょう。

Thunderbolt 接続に切り替えたがデバイスが認識しない等のお問い合わせの内、9割以上 が 接続設定を確認設定していないことが原因です。

Comm. Interface について詳しくはこちら

アップデートの手順を必ずご確認ください。

非常にトラブルとして多いのは、正常にアプリケーションや製品ファームウェアが更新、またはアップデートされていなかったことに起因する問題です。

製品が正常動作していないと感じた場合は、必ず、各注意事項をご確認頂き、製品アップデートが正常にアップデート、インストールされているのかをご確認ください。

Antelope Launcher 上で Device Info を確認してみると、不可解な数値を表示することがあります。問題が起きている証拠になりますので、ご活用ください。


上記画像では完全に正常にアップデートしたつもりでも、NOT A BUNDLE とエラーを表示しています。

特にファームウェアアップデート時の不適切な操作により、正常に製品のアップデートが行われず、製品の不具合の温床、原因になることがあります。

必ず、アップデート手順はお守り ください。特に USB ケーブルへの切り替え、USB Hub 経由の接続を絶対にしない、その他のアプリケーションをすべて閉じる、ネットワーク状況が安定しているご環境、進行中はなるべく同一コンピュータ上で別の作業を行わないようにしてください。ファームウェアアップデートは時間がかかります。なかなかプログレスバーが進行しないものですので、じっとお待ち下さい。

ファームウェアのアップデート時は平均 5分以上 はアップデートに時間がかかります。特に書き換えの待ち時間中はプログレスバーの進行が止まったように見えるため、そこで不適切な操作をしてしまうと失敗の原因になります。じっとお待ち下さい。もちろん製品によって構成されるプログラムは違っていますので、多機能製品になればなるほど、時間を要します。

詳しいアップデートの推奨手順については こちらをご確認 ください。