Windows 10 用の Thunderbolt ドライバーが公開

非常に安定しており、非常に高速な設定も可能です。

Thunderbolt 接続にはシステム要求があります。ご自分の環境をご確認の上、Thunderbolt for Windows をお試し下さい。
https://en.antelopeaudio.com/antelope-audio-windows-thunderbolt-driver/

システム要求

Windows 10 がインストールされた Thunderbolt ポートを搭載している PC でご利用が可能です。

まずはじめに、Thunderbolt ポートがご自分のコンピューター環境に搭載されているかご確認下さい。

※ 必ずご確認ください

Thunderbolt 3 は USB Type-C のコネクタ形状を採用しています。コネクタが USB-C だからといって、必ずしも Thunderbolt 接続が可能というわけではありません。必ず、Thunderbolt 3 接続に対応しているポートかどうか、確認してください。

見分け方

ポートに 稲妻 のマークがあれば、Thunderbolt 3 に対応しています。

USB Type-C ポートだが、以下のマークが有る場合、Thunderbolt 接続は不可能です。製品接続できません

こちらの 外部サイト にわかりやすい詳しい解説が掲載されています。Thunderbolt 3 と USB Type-C について理解するためにはご一読を推奨致します。

ドライバー仕様

ASIO のみ対応

ASIO 規格のみがサポートされています。Windows Audio のサポートはまだ開発中ですが、サードパーティ製のツールを使用してこの制限を回避することができます。

一度にサポートできるデバイスは 1つ だけです。
一度にサポートできる ASIO アプリケーションは 1つ だけです。

VB-Audio VoiceMeeter バーチャルオーディオミキサーの使用をお勧めします。このツールは、Antelope Thunderbolt™ ASIO を再生エンジンとして使用できる仮想Windows Audio デバイスを作成します。
この素晴らしいソフトウェアを作成し、そして、Antelope Windows Thunderbolt™ドライバ開発中のサポートに対して VB-Audio の Vincent Burel に感謝します。是非 寄付をして、VB-Audio をサポートするようにお願いします。

Windows の既存のデバイスには設定できません。Thunderbolt でも OS の信号を出力したい場合は VoiceMeeter Input を既存デバイスに設定し、

VoiceMeeter の Hardware Output に Antelope Thunderbolt デバイスを設定してください。

※ DAW を使用する場合は、VoiceMeeter からデバイスを開放してください。音声が再生できないか、再生音がおかしくなります。

接続に必ず必要なもの

Thunderbolt 2 ケーブル、Thunderbolt 3 to 2 変換アダプタ

Antelope 製品は Thunderbolt 2 ポートが搭載されています。Thunderbolt 3 ポートを搭載しているコンピュータでは、Thuderbolt 3 to 2 アダプタを使用して、製品とコンピュータを接続してください。

推奨ケーブル

Apple Thunderbolt™ Cable

長距離転送をしたい場合はオプティカルケーブルを推奨 – Corning Thunderbolt™ Optical Cables

推奨アダプタ

StarTech Thunderbolt™ 3 to Thunderbolt™ 2 Adapter

事前確認

Thunderbolt ポートは搭載されていますか?

Thunderbolt 3 または Thunderbolt 2 のポートがご利用のコンピューターにあるか確認してください。

搭載されていない場合は、Thunderbolt AIC 等を利用してポートを増設してください。

Thunderbolt のドライバーはインストールされていますか?

インストールされていない場合、各チップセット、コンピュータのサポートページからダウンロードしてください。

また、BIOS 画面から Thunderbolt が “Enable” になっているかどうか、確認してください。BIOS 画面で Thunderbolt が “Disable” の状態であれば、Thunderbolt 接続は Windows 上で認識はできません。

Thunderbolt Software は起動できますか?

以下画像より参照ください。

セットアップ方法

Antelope Thunderbolt Driver をインストールしてください。

Thunderbolt 特設ページの Download もしくは

各デバイスごとのサポートページからダウンロードしてください。

Thunderbolt ケーブルで製品とコンピュータをつないでください。

Antelope Thunderbolt™インターフェースはまだ PC 用に認証されていないため、正しく動作しない可能性があるという通知が表示される場合があります。このエラーは無視してかまいません。インターフェースは Mac 上で認定されており、Thunderbolt™ の物理、電気、論理的仕様を満たしています。

また接続時に、Thunderbolt™ デバイスの承認というウィザードが表示された場合、”常に接続” を選択して [OK] を押してください。

Thunderbolt マネージャから製品が見えていれば成功です。

タスクバー右下、通知領域から Thunderbolt マネージャが起動できるはずです。

セッティング方法

ラウンドトリップの設定はコントロールパネルで設定します。

C:\Program Files (x86)\Antelope Audio\Thunderbolt\AntelopeAudioSettings.exe

に Thunderbolt ASIO Setting があります。こちらからアプリケーションを起動できます。

または、各コントロールパネルの設定から “TB Panel” をクリックします。

TB Panel をクリックすると、Thunderbolt ASIO Setting が起動します。

Fast にすればするほど、ストリーミングレイテンシ、つまり、出力のレイテンシーが短くなります。

※ Buffer Size を下げ、Fast にすればするほど、コンピューターの処理能力が必要になります。再生にノイズが交じるようであれば、適切な設定とは言えません。ストーミングで発生するバウンス、オーバーロード、ノイズは DAW、コンピューターから発生するものであり、ストレージ速度や通信速度、CPU の処理能力、コンピュータ構成やサードパーティ製ドライバの性能に左右されます。

Antelope ドライバ自体は CPU に負荷をかけません。Antelope ドライバはコンピュータ構成によってパフォーマンスが変化します。パフォーマンスはデバイスやドライバーに依存しません。(極低レイテンシーが実現できるようにドライバー設計をしています。)

MMCSS にも対応しています。

詳しくは こちら (英語) DAW の場合、DAW 以外のアプリケーション起動やタスク処理は回避すべきだと感じます。

MMCSS は上手くいく場合、パフォーマンス向上に繋がりますが、これが必ず当てはまるとは限りません。バックグラウンドタスクが CPU を引き継ぐ度に “パチパチ” という音がする場合は、ASIO 設定コントロールパネルの MMCSS 登録チェックを外してください。

また、MMCSS をすべて無効にして DAW を手動でリアルタイム優先に設定してみてください。

MMCSS を無効にするには、 Wondows + R ボタン から “regedit” を実行し、Computer \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ MMCSS に移動して、[Start]の値を “4” に変更し、コンピュータを再起動します。これでサービスは完全に無効になります。

MMCSS の悪影響について ASIO Standard (Steinberg) のと連絡を取り合っており、より多くのドライバーや DAW が MMCSS Register をオプションできることを願っています。

ラウンドトリップサンプル

よくある構成の Laptop (ノートパソコン) Windows Machine で、24bit/192kHz の場合、64サンプルで上記実数値を記録しています。(Discrete 8)

オプティマイズ

レジストリから Windows の「パワースロットル」機能を無効にする(再起動が必要です)

Windows + R ボタンから “regedit” を実行してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ Power に移動します。

存在しない場合は新しいキー「PowerThrottling」を作成し、

キーの中に新しいDWORD 値「PowerThrottlingOff」を作成してから、

値を「1」に設定します。

コンピュータを再起動してください。

ドライバは割り込み、DPC、スケジューリングの待ち時間の影響を受け、達成可能な最小の待ち時間はコンピュータ構成によって異なってきます。これらはハードウェアおよび、インストールされているサードパーティ製のドライバやアプリケーションによって異なります。

既存のフィード

プレイバック中や、レコーディング中に 電源プラン の変更がサポートされていません。

電源プランの変更はセッションを開始する前に行ってください。

トラブルシュート

ドライバーがサウンドデバイスに表示されない

ドライバーはインストールしましたか?

C:\Program Files (x86)\Antelope Audio\Thunderbolt\AntelopeAudioSettings.exe

にドライバーセットアップアプリがありますか?
ない場合はドライバーをインストールしてください。

コントロールパネルが正常に立ち上がらない

Antelope Thunderbolt ドライバーが正常に動作しているか確認して、ドライバーの再インストールをしてください。

Windows の設定からデバイスを確認してください。

Thunderbolt デバイスが正常に動作しているか確認できます。この様にドライバーエラーが表示されている場合、ドライバーがインストールされていません。

ドライバーは C: ¥Program Files¥Antelope Audio¥Thunderbolt¥ の階層にあります。この階層にファイルが存在しているか確認してください。

デバイスマネージャーに “不明な PCI デバイス” と表示される

ドライバーを再インストールしてください。

それでも問題が解決しない場合は、手動でドライバを選択します。デバイスを右クリックし、[ドライバの更新] を選択し、[ドライバソフトウェアを検索する] を選択し、[使用可能なドライバの一覧から選択します] を選択します。 [ディスク使用] をクリックし、[C: ¥Program Files¥Antelope Audio¥Thunderbolt¥AntelopeAudio.inf] を選択します。

Intel Thunderbolt ソフトウェアがデバイスを検出できない場合は、以下を試してください。

  1. BIOS 設定で Thunderbolt が有効になっているかどうか確認してください。
  2. BIOS で USB の省電力機能を無効にしてください。
  3. アドインカードを使用している場合は、正しいスロットに取り付けられていることを確認してください。(一部のマザーボード / AIC は特定の PCIe スロットでのみ動作します。詳細については、マザーボードと AIC の製造元にお問い合わせください)
  4. BIOS を最新バージョンにアップデートしてください。BIOS アップデート方法については、マザーボードの製造元に確認してください。
  5. Thunderbolt コントローラのファームウェアをアップデートしてください。最新版の入手先については、マザーボードおよび AIC の製造元に確認してください。
  6. Intel Management Engineドライバを更新します。
  7. ケーブルやアダプターを交換してみてください。Apple 製または Corning 製のケーブル、StarTech Thunderbolt 3 to 2 のアダプタをお勧めします。
  8. コンピュータを起動する前に接続してもデバイスが認識されない場合は、別の Thunderbolt 3 to 2 アダプタを試してください。
  9. デバイスが Thunderbolt Software では認識されているのにデバイスマネージャに表示されない場合は、Thunderbolt Software から接続の設定を確認してください。

困ったら。

サポートにご連絡ください。リモートで確認させていただきます。
リモート方法は こちら でご確認ください。