伝説的な EQ やコンプなどのエミュレーションと AURA VERB

アナログの名器をデジタルの環境で完全に再現させるという Antelope の技術はギターアンプやキャビネットだけではなく、スタジオのアウトボードギアにも及びます。独自のモデリング技術で伝説的な名器と呼ばれる EQ、コンプレッサーを実機に忠実に再現しています。この他に AuraVerb という Antelope  のリバーブも搭載しています。

… it reacts right away, it shows exactly what you’re doing at the moment, there’s zero latency. And it’s a beautiful thing.”

Michael “Fish” Herring. An accomplished musician, Fish toured the world with artists from the unknown to the legendary.
He has also appeared on records for artists such as Mariah Carey, Tupac, Nas, LeAnn Rimes, Siedah Garrett, Celine Dion and other superstars, as his discography continues to grow.

概要

必要なのはたったの1ユニット

Thunderbolt™ 接続と USB 接続に対応、Class A マイクプリを 12基 搭載、世界で賞賛を浴びるあのクロッキング技術が 1U に。

2015年のリリース以来、Orion Studio は Antelope Audio の Thunderbolt™ & USB オーディオインターフェイスシリーズで人気のインターフェイスとなりました。そして今回さらに進化しました。12基の Class-A マイクプリは、フルバンドをプロレベルで録音するために必要な部分でもあります。2017年版では新しい AD 変換器を採用し、ダイナミックレンジを業界最高の 124dB まで上げ、優れた低レイテンシーなパフォーマンスを実現しました。Orion Studio には、華やかなカーボン・グレー・フロントプレートが採用され、強力なコントロールパネルと FPGA エンジンには数多くの新機能が搭載されています。

Orion Studio は、Zen Tour や Goliath と同じように、リアルタイムで動く FPGA ビンテージエフェクトの全てのラインアップが付属します。このベストセラーのインターフェイスには、Antelope が誇る AD/DA コンバージョン機能も含まれており、ジッタマネジメントには世界的に有名な独自の 64-bit AFC (Acoustically Focused Clocking) テクノロジーによって強化されています。

特徴

https://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_microphone.svg

12基の CLASS-A マイクプリ

単独ファンタム電源搭載した Hi-Z / Mic / Line コンボ入力

VINTAGE GUITAR FX

FPGA 処理によりハードウェアベースのギターアンプモデリング

https://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_bolt.svg

THUNDERBOLT™ & USB

Thunderbolt™ 接続で 32ch、 USB 接続で 24ch のゼロレイテンシーなオーディオストリーミング

https://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_target.svg

64-BIT ACOUSTICALLY FOCUSED CLOCKING

世界が認めるジッタマネジメントアルゴリズムにより AD/DA を強化

https://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_shuffle_button.svg

STUNNING AD/DA

Antelope が誇る圧倒的な 24-bit/192 kHz のオーディオ変換

https://jp.antelopeaudio.com/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_mixer.svg

ADVANCED CONTROL

デスクトップソフトやモバイルアプリから Orion Studio をコントロール

Check Orion Studio’s features

解説

ORION STUDIO の秘密兵器

複数の内部ミキサー処理やルーティング、オーディオ処理を同時にゼロレイテンシーで処理するカスタマイズされたFPGA

Orion Studio の秘めたる力、それは極めて強力な Field-Programmable Gate Array (FPGA) です。FPGA とは、強力な並列処理能力をもち、それはこれまで多く採用されてきた DSP チップの能力を遥かに凌ぎます。この FPGA の高い能力により内部ミキサーをゼロレイテンシーで4つ使用することができ、この出力をルーティングを使って2つのヘッドフォンへと簡単にアサインすることができます。

…it looks great, sounds fantastic, feels reliable and solid — everything a high end piece of studio gear should be”

Matt Vanacoro, one of New York’s premier musicians, he has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter and many more.

ALL THE EFFECTS YOU NEED

Real-Time FPGA ベースのビンテージエフェクトによる本物のクラッシックサウンド

Orion Studio には、次々にリリースされる Antelope ビンテージエフェクトの全ラインナップが搭載されています。 5つの新しいコンプレッサー・モデルも追加され、40個の EQ を立ち上げたまま、最大 32 のコンプレッサーを一度に開くことができます。DSP 処理機能を遥かに凌ぐカスタマイズされた FPGA だからこそ、こうしたことが可能なのです。すべてのこの Antelope Audio エフェクトは、リアルタイムで録音やモニタリングに使用でき、ミックス時にも DAW から簡単にルーティングすることで使用できます。

Antelope Audio のカスタマイズされた FPGA は、ビンテージエフェクトのラインナップとギター・アンプ&キャブ・シミュレーションの両方を搭載しているため、Orion Studio はプロのギタリストのために最適なオーディオインターフェイスと言えます。Overloud 社との共同開発により、精密さとサウンドのリアリズムに磨きがかかり、さまざまなスピーカー設定、マイキング、EQ 設定など細かく音を追い込める様にデザインされています。Antelope の革新的なRealModel テクノロジーは、クラシックなアナログギアの真のサウンドとその挙動を鮮明に再現しています。

高度なリモート・アプリ

想像できる限りの柔軟なデバイス・コントロール

Orion Studio のコントロールアプリケーションにはセッションセーブという斬新な機能が追加されています。アプリケーション上で設定するルーティング、モニタリング設定、ミキサー設定、そしてエフェクトセッティングを丸ごと保存・リコール・共有することができます。つまり、このセッションセーブの保存データは、他の Antelope Audio インターフェイスでもリコールできるので内部のセッティングデータを共有することができるようになりました。またルーティングにおいては、従来のドラッグ&ドロップのパッチベイビューに加え、マトリックスビューも追加されています。

また、アプリケーション上のシリアル番号セレクターを活用することで、一台のパソコンで複数の Orion Studio をそれぞれ別画面で管理することができます。また、一台の Orion Studio を同じネットワーク上にある複数のパソコンからアクセスしコントロールすることも可能です。

iOS や Android 用のアプリも開発されており、これによりスマートフォンやタブレットからもマイクプリなどを調整できます。

google-play

多種多様な接続に対応

カスタマイズされた Thunderbolt™ と USB 接続であらゆる DAW に

Orion Studio の FPGA の力でカスタマイズされた Thunderbolt™と USB 接続では低レイテンシーを実現させています。FPGA の圧倒的な並列処理能力が高速でオーディオ処理とエフェクト処理を同時に処理していきます。またこのサイズとしては非常に多くのデジタルとアナログの入出力を装備しており、これらのシグナルはコントロールパネルのルーティング画面から自由にアサインすることができ、他の機材との接続も簡単に組むことが出来ます。
Orion Studio にはモニターアウトx 2 (切替式)、アナログアウトx 16、リアンプアウト x 2、ADAT x 2、S/PDIF が装備されています。

ビデオ・チュートリアル

接続性

Power button

Toggles standby/operation state

4 Instrument/Mic Preamp/Line Inputs

4 Class A mic preamps, with phantom power over Combo input with switchable line/HiZ input.

TalkBack Button

Press the Talkback button to activate the talkback microphone

Rotary control

Large stepped attenuator for the volume of Monitor, Headphone, Line and Reamp outputs. Clicking-in the large volume control allows you to scroll between the different options.

Gain, HP & A/B

By clicking on one of these 3 buttons you can control Orion Studio’s Gain, HP (the two Headphone outputs) and A/B (the 2 monitor outputs)

Display

Multi-function display that shows various information.

Functional buttons

Cycle thru various information, access the System Menu or the Control Menu

Headphone outputs

Two independently assignable headphone outputs, selectable and controllable via the main volume control knob.
The lights next to the outputs are illuminated to indicate which headphone output is currently controlled.

Re-amp outputs

These outputs are direct and should be used with guitar amplifiers for re-amping.

USB High-Speed

Orion Studio uses USB connector Type B and operates up to 192kHz sample rate with Antelope ASIO on Windows & Mac OS X

DC Power Connection

Only use Antelope’s DC power supply!

ThunderboltTM port

Enables you to connect your Orion Studio to a Thunderbolt™ port on a Mac computer using a Thunderbolt™ cable (not included)

ADAT Connectors

2 Inputs & 2 Outputs (up to 8 channels per line)

D-SUB 25pin TASCAM Analog Outputs

A connector enables you to attach breakout cables, each with 8 lines

Two Stereo Monitor Outputs (Monitor A and Monitor B)

Assignable balanced stereo output (left channel at the top and right channel below)

S/PDIF Input/Output

75 Ω S/PDIF inputs for use with compatible equipment

Word Clock I/O

BNC connectors used to accept Word Clock reference

8 Line and Mic Preamp Inputs

8 Class A mic preamps, with phantom power over combo XLR

AD Inserts

Two ¼” TRS insert points (L & R) for connecting analog gear such as dynamics processors or EQ’s, just before the A/D conversion

仕様

  • ANALOG

    Analog Inputs
    4 x Mic / Line Instrument on XLR combos on the front
    8 x Mic / Line on XLR combos on the rear

    Analog Inserts
    2 x Inserts on TRS (inputs 1,2)

    Analog Outputs
    16 x Lines on 2 x DB25 (16 channels Line Out)
    2 x Stereo Monitor out on TRS (4 channels, only 1 active pair at a time)
    2 x Stereo Headphone outs on TRS (4 channels)
    2 x ReAmp outs on TRS (2 channels)

    D/A Monitor Converter
    Dynamic Range: 129 dB
    THD + N: -108 dB

    A/D Converter
    Dynamic Range: 124 dB
    THD + N: -112 dB

    D/A Converter
    Dynamic Range: 120 dB
    THD + N: -107dB

    Mic Preamp
    Gain: 0,10 – 65 dB
    THD + N: -108 dB

  • DIGITAL

    Digital Inputs
    2 x ADAT (up to 16 depending on the sample rate)
    1 x S/PDIF

    Digital Outputs
    2 x ADAT
    1 x S/PDIF

    USB I/O
    USB 2.0 Hi-Speed;
    Data stream up to 480 Mbits/192kHz, 24 channels I/O, Type B

    Thunderbolt™ I/O
    1 x Thunderbolt, 32 channels I/O

  • CLOCKING

    Word Clock Input
    1 x Input @ 75 Ohms 3Vpp on BNC 32 – 192kHz

    Word Clock Outputs
    1 x Outputs @ 75 Ohms 3Vpp on BNC 32 – 192kHz

    Clocking System
    4th Generation Acoustically Focused Clocking
    64-bit DDS
    Oven Controlled Crystal Oscillator

    Clocking Stability
    <+/-0.02 ppm, oven controlled at 64.5ºC/ 148.1ºF

    Clock Aging
    < 1 ppm per year

    Clock Calibration
    <+/-0.001 ppm

    Sample Rates
    32, 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 (kHz)

  • OTHER

    Operating Temperature
    0-50°C, 32-122°F

    Weight
    3.1 kg/ 6.83 lbs ( approx )

    Dimensions (Approx)
    Width: 483 mm / 19”
    Height: 44 mm / 1.7”
    Depth: 220 mm /8.6”

    Electrical specs
    DC Universal input: 18V
    Power Consumption: 25 Watts Max

    In the box
    Orion Studio – Thunderbolt™ and USB AD/DA Interface with 12 mic pres
    Owner’s Manual
    Warranty Card
    1 DC Power supply
    1 USB cable

当社のオーディオ・インターフェイスの比較表をダウンロード

ダウンロード

System requirements

WINDOWS

OS: Windows 7/8/8.1/10
Disk Space: Minimum 512 MB available disk space
USB: 1x USB 2.0 Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
CPU: Intel or AMD equivalent CPU with at least 2GHz operating frequency
Memory (RAM): 4GB Minimum (8GB or more Recommended)

MAC

OS X: 10.9/10.10/10.11/10.12 (Sierra Recommended)
Disk Space: Minimum 512 MB available disk space
USB: 1x USB 2.0/3.0 Port
Thunderbolt: 1x Thunderbolt/USB-C Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
Memory(RAM): 4GB Minimum (8GB or more recommended)
CPU: Intel Core 2 Duo (Minimum) Intel Core i3 ™ or higher (Recommended)

Additional Info: Internet connection required for product activation.

特徴のレビュー

ダウンロード